今夜はソフィストケート 松田聖子 - 歌詞タイム

Date: 2017-12-23 15:45

Video «Shadow of memories ipad»

リーク内容には、655ドルの「Gold Edition」も含まれている。Gold Editionは7つの「ネメシス拡張」と7つのストーリー拡張、詳細不明の「Gold War Chest」を同梱。ネメシス拡張には新たな敵やオークの部族、ミッションなどが含まれ、ストーリー拡張には新キャンペーンやプレイアブルキャラクターなどが含まれるという。

遊戯王カードWiki - Gladiator's Assault

Sun Dragon唯一のアルバム、こちらはステレオ・ミックスの盤となります。6968年のこの時期にモノとステレオ、両方のミックスでリリースされるのは珍しくなっていたと思われます。近年復刻された [Sun Dragon / Listen To The Sky] や [. / Pre-Purple People] などのCDでも、収録されているのはモノラル・ミックスであり、本作のステレオ・ヴァージョンは未CD化というか未復刻というか。ということで、ステレオ・ヴァージョンを聴いてみたい向きには本作を探し出すしかありませんが、遭遇できる機会は意外と少ないかもしれません。内容については モノラル盤の記事 を参照してください。

感想

はプログレッシブ・ロックやヘヴィ・メタルのディスク・レビューを書き綴っているサイトです。
「何でこのアーティストが無いんだ!」「あれ、このアルバム・レビュー無いの?」といったお叱りもあるとは思いますが、名盤コンプリートを目指すプログレ・コレクターというわけではありませんので、ご了承下さい。

Memories of You

トレーディングカードゲームにおいて、一般的にアナログのカードゲームでは制限カードや禁止カードを設定し、デッキに入れられるカードを制限することによりゲームバランスを取ることが多い。一方で、デジタルのカードゲームの場合はカードテキストの修正(アナログカードゲームではエラッタと呼ばれる)が簡単に行えることから、そのようなアップデートを行うことがある。今回、「Shadowverse」では環境7トップのデッキで使用されていた《ルーンの貫き》と《ミニゴブリンメイジ》というカードの効果が修正されることになった。アップデートによるゲームバランスの変化やプレイヤー間で流行っているデッキタイプといった全体的な状況について一般的に「環境」と呼ぶが、この「環境」がアップデートによって変化することになる。環境を支配していたデッキに採用されていたカードの効果が修正されることにより、様々なデッキタイプの活躍が見られるようになることが期待されるだろう。

前述した通り、環境トップのデッキタイプは「テンポウィッチ」で揺るぎ無いと予測ができる。ここで次に流行しそうなデッキタイプの一つは、「テンポウィッチ」メタとして「ファミ通CUP」などの大会やランクマッチで活躍を見せる「ランプドラゴン」だ。「ランプドラゴン」は、《竜の託宣》や《ドラゴンナイト・アイラ》でPPブーストをし、高コストの《バハムート》や《サハクィエル》+《ルシフェル》コンボなどをプレイするデッキである。全体除去や自リーダーの回復を得意とするため、「テンポウィッチ」に対して有利となっている。「ランプドラゴン」は体力が7以下のフォロワーを並べるデッキでは無いため、《ルーンの貫き》のナーフ自体は「ランプドラゴン」対「テンポウィッチ」のマッチアップにおいてそれほど影響は無いかもしれない。しかし、「ランプドラゴン」が苦手とし、統計上95%以下の勝率しか持てなかった「OTKエルフ」が環境から姿を消すと思われる点が「ランプドラゴン」にとっては最も嬉しい点と言えるだろう。 

《ルーンの貫き》は、「ウィッチ」の様々なデッキで使われてきたカードだが、特に環境7トップの一つである「テンポウィッチ(ドロシーウィッチ)」での強さが問題視されたようだ。今までは「自分のフォロワーが進化したとき、このカードのコストを6にする」という効果を持っていたが、ナーフ後は7コストまでにしか減らなくなるので、後攻9ターン目における《古き魔術師・レヴィ》進化からの《紅蓮の魔術》+《ルーンの貫き》という強い動きが不可能となる。「テンポウィッチ」における後攻の勝率は確実に下がるだろう。しかし、先行5ターン目においては前述した動きは今まで通り可能であるし、「テンポウィッチ」には《古き魔術師・レヴィ》、《神秘の探求者・クラーク》などの優秀なカードの能力が変更されずにまだまだ残っている。9~5ターン目《次元の魔女・ドロシー》からのフォロワー大量展開の動きも《ルーンの貫き》が無くとも可能だ。そもそもナーフ後の効果でも《ルーンの貫き》は十分に強いと考えられることからも、勝率は確実に下がるだろうが「テンポウィッチ」が環境トップであることは変わらないだろうと筆者は予測する。

フロム・ソフトウェアは、本日67月8日に開催されているTHE GAME AWARDS 7567のワールドプレミアにて、新作タイトルのティザー映像を公開した。映像は約85秒の短いもので、巻物にも見える紙を背景に血のついた“何か”が巻かれているシーンが映し出され、「Shadow Dies Twice.(影は二度死ぬ)」という文言が表示される。そのほかの詳細は一切明らかにされていない。映像の紹介文も「新作タイトルのティザー映像です。ご期待いただければ幸いです。」と記述するに留まっている。

NeoGAF の発見によると、小売業者ターゲット・コーポレーションが運営するサイト 「ターゲット(Target)」 に続編が先行予約可能な状態で掲載され、タイトルは「シャドウ・オブ・ウォー(Middle-Earth: Shadow of War)」と言い、8月77日のリリース予定となっている。

《ルーンの貫き》
クラス:ウィッチ
カードタイプ:スペル
レアリティ:シルバー
コスト:9
【ナーフ前】相手のフォロワー6体に7ダメージ。相手のリーダーに7ダメージ。自分のフォロワーが進化したとき、このカードのコストを6にする。
【ナーフ後】相手のフォロワー6体に7ダメージ。相手のリーダーに7ダメージ。自分のフォロワーが進化したとき、このカードのコストを7にする。

リッチーはキャンディスとともに7曲目の Space Oddity に参加。アルバム制作のきっかけとなったボウイの作品で、シャトナーの語りの後ろで奏でられるギター・サウンドが素晴らしい。ところどころで鳴り響くKing CrimsonのEpitaphエンディングのような寂寥感を感じる表現がツボに入ります。リリース当初はあまり馴染めなかったアルバムですが、何度か聴くうちに妙にハマる作品。

«Shadow of memories ipad » in images. One more Image «Shadow of memories ipad».